既に八月。暑い日がつづきますがいかがお過ごしでしょうか。

本日はJunky Classics様よりご注文頂きましたサドルレザーポーチの御紹介。

レギュラーのベルトポーチをお手持ちのスマートフォンがぴったり入る様にサイズ変更、レザー変更、編み込み紐からベルト留めへのベルトループ部変更のカスタムオーダー品になります。

最近、様々な革を使用しているのでなんだか久々のサドルレザーでの製作は新鮮であったり、難しさであったり、新たな発見であったり、まさに原点回帰的な要素を含んだ製作となりました。

サドルレザーといいましても、実は本来サドルレザーという名称の革は存在しなくて、各問屋さんやメーカーさんが独自の解釈で、サドルレザーという名称で販売しています。

元の素材を見てみると、ステアハイドのヌメ革だったり、多指だったり。

そしてヌメ、多指といってもタンナーさんによって微妙に入れるタンニンが違ったり、脂が違ったり、はたまたピット槽で鞣すのもあればドラムで鞣すものもあり、実は似た表情の仕上げでも、少なからず全く同じ革にはなりません。

そのなめし方の違いがサドルレザー特有のエイジングとして表れてくるのがサドルレザーの面白さでもあり、醍醐味でもあります。

では、弊社ではどんなサドルレザーを使っているのか。
簡単に言うとピット槽で鞣された多指革で、長年の使用でもくたりが出づらく、エイジング後の革色が焦げ茶というよりは赤茶になる革というのを好んで使用しています。
細かな点はまた後日に致しますが、サドルレザーのエイジングを綺麗に進めるというのはそれなりにケアをしてあげないと目指すエイジングにはなりづらいですが、しかし、その点を怠らなければ弊社のサドルレザーは確実に希望のエイジングを手に入れられる革です。

と、革の話が長くなりましたが、今回のこのポーチもお客様ご希望のエイジングを手に入れられ、お客様にとって欠かせないアイテムになる事を願っています。

という事で、本日はベルトポーチのご紹介ともうひとつ。
8/12~16日まで夏季休業致します。
期間中のお問い合わせや発送業務は休み明け8/17から順次ご対応させて頂きます。
ご迷惑をお掛けいたしますが、宜しくお願い申し上げます。

それでは今日はこの辺で、皆様良い一日を!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください