中底のリブ堀完了包丁で中底に溝を作り、その溝段差部分に掬い針を刺し細革(ウエルト)を縫い付けて行きます。そして溝を作る時に切り出した革も後で溝を埋める時に使う為、捨てずにとっておきます。最初先生に教わった時、軽いカルチャーショックを受けた技術でした。まだまだですが、なんとか形になりました。#leather #handswen #handmade #insole #insolerib #レザー #中底加工 #リブ堀 #ハンドソーン

中底のリブ堀完了包丁で中底に溝を作り、その溝段差部分に掬い針を刺し細革(ウエルト)を縫い付けて行きます。そして溝を作る時に切り出した革も後で溝を埋める時に使う為、捨てずにとっておきます。最初先生に教わった時、軽いカルチャーショックを受けた技術でした。まだまだですが、なんとか形になりました。#leather #handswen #handmade #insole #insolerib #レザー #中底加工 #リブ堀 #ハンドソーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください