新年2回目の更新となりました本日は、Online StoreへLeahter Bagの新作”LBB-003”をUP致しました。

こちらのバック、先日のイベントで初のお目見えとなったのですが、大変ご好評頂き、今回晴れてラインナップに加えさせて頂きました。

毎回イベントにはバック類の新作を作っているのですが、今回は少しユーロな形の中にアメリカ風なパーツと革を組み合わせた、シンプルで一般受けの良い、軽くて使いやすいバックにする予定でした。

おおよそのアウトラインは現状の逆三角形で落ち着き、革はバッファロー、ステッチはシニュー、
金具には真鍮金具、カシメにはアメリカ製のバックなどで良く見かけるCopepr製のリベットを使用し、
留め具には真鍮製のドイツホックをと考えており、現状のバッファロートゥース+ビーズロープ+スタンプコンチョの組み合わせは想像もしていませんでした。

なぜなら、その組み合わせが一番コストもかかるし、使い勝手もドイツホックに比べれば劣る、バッファロートゥースの数も限られているし、しかも好き嫌いが別れるという点からでした。

そんな中、バックの製作を進めている段階でバッファロートゥース+ビーズロープ+スタンプコンチョのウォレットを製作する機会を頂き、納品時にとても喜んで頂けました。

その際にお客様からこの留め具の使い方は独特ですよね、これを使ったバックなんかも見てみたいという言葉を頂きました。

そのお言葉は正直ガツーンとトンカチで叩かれたような感じでした。

なぜならその時は、コンテスト作品の製作も重なり、なるべく造りを重視し、コストを抑え、一般受けする無難な作品を作るという方向に指向が固まっていたことに気が付きました。

似たようなバックがあるのなら価格的な競争にしかならない、

この組み合わが良いと言ってくれる方が一人でもいるのなら、うちでしか出来ないバックを作ろう!
という路線に方向転換し、出来上がったバックです。

アメリカバイソンの表情は気品漂う独特の雰囲気があり、アメリカのサドル製作などにも使われる強靭なコッパーリベットで持ち手を固定、そして、革と同じアメリカバイソンの歯をSuzuki Yukari製作のビーズロープと、Horie Jun製作のシルバーコンチョを使用し留め具とする。

鉄板なバックの中に、アメリカテイストいやラコタテイストを組み合わせたレザーバック。

ご興味ある方は是非ご覧ください。

Buffalo Tracks Original Leahter Bag / LBB-003

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください