今年もあっという間に1ヵ月が過ぎ去り、既に2月。

異様に暑い日があったり、寒い日があったりと、適応能力が低い私は鼻がジュルジュルしてしまっています。
皆様もお気をつけてください。

先日友人との話の中で、北国生まれの人がこっちに来て驚いたことはスーパーで売られているイカが透明じゃなく白くなって売られているのに驚いたと言っていた話をしました。

その友人は中国地方出身なので、フグを釣って普通に食べていたという話しをしてくれました。

フグなんて高級食材、数えるほどしか食べたことが無い僕にとっては羨ましい話だったのですが、
その友人は、学校帰りにミルクセーキを飲んで帰る僕らの方が羨ましいと言いました。

僕自身、帰りながらミルクセーキを飲んだ記憶は無いのですが、そういうイメージらしいのでそこは深く否定はしませんでした。

しかし、日本は狭い狭いといいますが、その土地それぞれに名産や特産品があり、
大筋の生活習慣は変わりはありませんが、少し少し違いがあるっていう事に改めて気が付きました。

そこにはその土地に暮らし、地元の人と触れ合わないと解らないし伝わらない土着的な文化があるんだな~っと思いました。

日本だけに限らずインディアン文化についても、本物や本質を知るってことはこういう事なのかもしれませんね。

僕は僕自身の田舎でたけのこの刺身を食った事くらいしか知らないのですが(汗

さてさて小話はこの辺にして、本日はオーダーメイドのロングウォレットのご紹介。

同じ仕様のウォレット2本ご注文頂きました。

仕様はといいますと、メインレザーにバッファローのピーナッツを使用し、
内装はサドルレザーをブラウンに手染めした物を組み合わせました。

留め具にはバッファロートゥースと使用し、トゥースからSuzuki Yukari作のビーズロープと組み合わせ、
コンチョは堀江純作のバッファローコンチョをset致しました。

ウォレットの淵は内装と同じく手染めのサドルレースでラウンドエイトブレイディングでかがり、
バッファローレザーの床面にはピッグスエードを貼り高級感を出してみました。

お客様は以前イベントでブースにお立ち寄り頂いたお客様で、
その後アイデアを練ってこの度ご注文頂きました。

このような流れでのご注文は僕らにとってもすごくうれしい事で、お客様に喜んでもらえる様に気合を入れて製作させて頂きました。

結果お客様に大変喜んで頂き、非常に心地よい達成感に包まれたウォレットになりました。

この度はご注文頂き誠に有難う御座いました!

という事で今日はこの辺で、皆様良い一日を~

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください