レザーサンダル

移転後から2週間、ようやく日常を取り戻した感のある六月。

梅雨入り前、初夏のような日差しを感じる今日この頃。

本日はこれからの季節にピッタリなこちらのアイテムのご紹介。

そうです、ジャンキークラシックス様別注のレザーサンダル。

まずは昨年製作したモデルから。

去年のモデルで、イタリアのトスカーノリーショを使用し、全体的に角ばらせたサンダル。

続いてはこちら。

同じに、トスカーノリーショを使用し、2018年モデルで製作した、カスタムオーダー品。

こちらも2018年モデルにダブルミッドソールを組み合わせ。革は手染のネイビーブルー+ラフアウトアッパー仕様のカスタムオーダー品。

こちらも、2018年モデルでトスカーノリーショ手染レッドカラーで仕上げたカスタムオーダー品。もちろんこちらもダブルミッドソール。

このように、昨年も2019年モデルの他、様々なカスタムモデルを作らせていただきました。

数年にわたり、この時期に新しいチョイスで発売をさせて頂いた甲斐もあり、今年に入りサンダルをご期待頂いているという声をチラホラ聞くようになり製作者としてはうれしい限りです。

そんな皆様のご要望に応えるべく今年のサンダルはこちらになりました!

ホースレザー 藍染仕様で製作致しました!

まず藍染めについて。

私の古くからの友人が、徳島で藍を生産しており、レザーx藍染に以前から興味があった私は、友人経由で藍染業者さんに革を送り、サンプルを頂く段取りをつけ、ディアスキン(タンニン、クロム)、牛ヌメの数種類のサンプルを作って頂きました。

下地が白に近いほど、本来の藍色に近い色が出てそれはそれは綺麗な藍色になっていました。

そんなとても綺麗な藍色の中に、一際目立つ色目の革がありました。

そのサンプルは牛ヌメのあの生成り色の藍染革でした。

一件黒にしか見えないその色味は、よくよく見ると、深~い藍に少し緑ががったダークブルー。

他のサンプルとは一線を画すこの革にとても魅力を感じ、この革で何か製作できないかと思ったのがまず最初のきっかけです。

サンプル画像

次にレザー、革の仕入れに問屋に行った際、こんなのもあるよと持ってきたのがこちらの馬革。

牛ヌメと比べて、しなやかで肌さわりも良い。しかも姫路の新喜皮革さんのホースヌメという事で、去年イタリアのヌメ革でサンダルを作ったので、今年はこのホースヌメを使いたいなと考えました。

そして、ひょんなことから徳島の友人から藍染の原料を分けてもらえるという話がありました。

サンプルで気に入っていた牛ヌメと同じ生成り色ということもあり、このホースヌメをその友人の染料を使って弊社で藍染をという発想が生まれ製作に入りました。

まず藍の染料を建てます。(染料を作ることを藍を建てるというようです。)

容器に藍の染料を入れお湯を入れて染料が柔らかくなるまで置きます。

染料が柔らかくなったらさらにお湯を入れ攪拌していきます。

次に石灰を入れさらに攪拌していき、分量迄お湯を足したときにブドウ糖を入れよく混ぜ合わせます。

それから毎日朝夕ゆっくり50回ずつ攪拌します。染料の温度も重要で決められた温度を保つように工夫します。

攪拌作業を毎日繰り返し、染料を建ててから5~7日ほど経過したら染めることが出来るようになります。

そしてこの染料に革を入れては乾かし、入れては乾かしを理想の色目になるまで繰り返しできた革がこちら、とても深い藍色に仕上がりました。

ただこの染料、日々状態が変わるため、コンディションを見ながら染めてはいても色ブレが起こりやすいという点、一回に染められる量に限度(限度を超えると色がつかなくなります)があるため、生産個数が限られる点、染料に消費期限がある点等、天然素材のみを使った染料の為、いろいろな面で効率が悪いですが、弊社のような一点一点製作しているような工房のスタイルにはぴったり合った染料かと思います。

高いクオリティーの中にも、一点一点、全く同じものは無い、ドメスティックプロダクツのレザーサンダル。

まさに唯一無二のサンダルが今年も完成いたしました。

現物確認及びお問い合わせはJUNKY CLASSICS様へ

という事で本日はこの辺で

小銭入れと消費税の話

九月に入り、消費増税まで一か月に迫りました。

特にややこしい点はないのですが、少なからず変更しなければいならない部分もあり、いまから10月に向けて準備をしていこうと思います。

弊社は九月中に注文頂ければ、10月納品になりましても、消費税は8%で販売となりますのでご検討よろしくお願い致します。

そんな本日は小銭いれをご紹介いたします。

キャッシュレスが騒がれている昨今ですが、現金派がまだまだ主流かと思います。

そんな現金派の方にご愛用者が多い小銭入れ。弊社では様々な種類をご提案させて頂いております。

まずはこちら、馬蹄型のコインケース。金具を使わない独特な形が特長のコインケース。定番品なので、詳細はこちらからどうぞ。

Coin Case / LCP-003

続いてこちら

ラウンドジップのミニウォレット。

こちらの定番品になります。

詳細はこちらから

Mini Wallet / LHW-005

続いてはこちら。BOX型のコインケース。BOX型は口が大きく開き、とても使いやすい構造のコインケースになります。こちらはオーダーメイドでの製作になります。

こちらは肌触りのよい鹿革を使用したミニポーチ。小銭だけでなく、アイデア次第で様々な小物を入れておけるミニポーチです。

こちらはサドルレザーを立体成形したコインボム。可愛い形で、つかいやすく一度使うと手放せないアイテムです。

続いてL字ジップのコインケース。中に仕切りの付いた折りたたんだ札も入れられる仕様のコインケースです。

最後はこちら。

がま口タイプのコインケース。がま口は根強い人気があるアイテムで、そのがま口にディアスキンを合わせたコインケースです。

この様に様々なスタイルの小銭入れご用意しております。

気になるアイテムが御座いましたらお気軽にお問い合わせください。

それでは本日はこの辺で。

皆様良い一日を。

オーダーメイドのポーチ

八月に入りようやく夏到来という気候になりました。

猛暑の日が続きますが、この季節しかできないことも沢山あります、夏を楽しみましょう。

そんな夏にあると便利なオーダーメイドポーチを本日はご紹介いたします。

まずはこちら、ご夫婦でご注文頂きましたタバコ、ジッポ、タスポが入る小さなポーチ。愛煙者には欠かせない3つのアイテムを一まとめにできるポーチです。愛煙家には重宝するポーチです。

続いてはこちらスマートフォンを入れられるポーチ。

二通りの方法でベルトに通せるので、使い勝手が広がるポーチです。

続いてはこちらディアスキンを使用した巾着型のポーチ。

丸いスタイルが可愛らしく、かつ容量も見た目以上にあるポーチです。

つづいてはこちらディアスキンを使用したベルトポーチ。

極力薄くというこで、厚みを押えた造りのポーチ。

しかし、収納は2ヵ所あるため、こちらも結構な容量が入るベルトポーチです。

最後はこちらお手持ちのポーチがやれて来たのでということで、そちらのポーチを元に製作したベルトポーチ。サドルレザーを使い、内にウールを貼り、コンチョ、ワンポイントビーズを入れたベルトポーチ。

まさにオーダーメイドの良いとこどりをしたベルトポーチ。

この様に多種多様なベルトポーチを製作可能です。

薄着となり、ポケットの数が極端に減るこの時期、入りきれないものをこういったポーチに詰め込んで、夏を楽しんでください!

ということで本日はこの辺で。

夏季休業日程のお知らせ

■ 夏季休業期間 8月10日(土)~8月15日(目)

夏季期間中のお問い合わせにつきましては、夏季休業期間後の回答とさせて頂きます。

ご不便をおかけしますが、何卒ご了承いただきますようよろしくお願い致します。

小さめなウォレット

2月にはいり、気温上げ下げの激しい日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。三寒四温、春の気配を感じながら寒い冬乗り切りましょう。

さて、春といえばこの時期にお財布を変える方が多いと聞きます。

考えてみると弊社でも何気に財布のお問い合わせが多く感じたのはこのせいなのかもしれません。

春に張る財布ということで、お問い合わせの多い小さめなウォレットを今回ピックアップしてみました。

まずはこちら、定番のハーフウォレット / LHW-002

シャックル金具を使ったハーフサイズウォレット。


(画像クリックで販売ページへ)

続いて、ハーフウォレット / LHW-001

ハーフサイズながら、抜群の収納力をウォレット


(画像クリックで販売ページへ)


続いて、新定番のミニウォレット / LHW-005

ミニマムサイズのラウンドジップ型のウォレットです。


(画像クリックで販売ページへ)

インポートレザーを使用したオプションバーション。

イタリアタンナーのアマゾニアというプルアップレザーを使用したミニウォレット。

同じくインポートレザーのオプション仕様。

左はアメリカホーウィン社、ラティーゴレザー使用、右はイタリアのトスカーノリーショ使用。

こちらはアメリカンバイソンレザー使用。

こちらはトラッカータイプのミニウォレット。

ミニサイズながらカード3枚、小銭入れ、札入れ(折らずに収納可能)という十分な容量のミニウォレット。

ミニトラッカーとほぼ同じ容量を持つミニウォレット。

紐止めとビーズコンチョが目を引くウォレットです。


(画像クリックで販売ページへ)

こちらもミニトラッカーウォレットと同じ容量ですが、表面にレッドパイソンと使ったミニウォレット。

こちらはオーダーでおつくりしたミニウォレット。

ベルト差し込みという斬新なスタイルのウォレットです。

このように、さまざまな形のミニウォレットを製作しております。

春に張る財布、ぜひお気にいりを見つけてください。

皆様からのお問い合わせお待ちしております!

ということで本日はこの辺で

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願い致します

2019年も7日が過ぎようとしておりますがいかがお過ごしでしょうか?

長いお休み、ひたすら食っちゃ寝の繰り返しだったので、なかなかエンジンが掛かりませんが、まずは新年のご挨拶という事で、ブログの方書かせていただきます。

今回はこちらのベルトポーチ。

弊社定番のベルトポーチで、腰からぶら下げてご使用頂くものなのですが、

なかなか使い勝手が良く、リピーターも結構いらっしゃるアイテムです。

こういったフルでビーズワークを施したベルトポーチも大変人気があるアイテムです。

そんなベルトポーチですが、昨年はご自分の使い勝手に合わせたスペシャルな一品をご注文頂く機会がありました。

まずはこちら、サドルレザーを使ったベルトポーチ

お手持ちのベルトポーチを参考に、形、サイズ等練り直しご注文頂いたスペシャルオーダーベルトポーチ。

2つの収納と、3箇所に使用したオールドコインコンチョ、箔押し刻印、ワンポイントのビーズインレイなど、至る所にこだわりを散りばめたベルトポーチです。

続いてはこちら

柔らかい手触りのディアスキンを使い、形、サイズ、その他のパーツ類にも拘ってご注文頂いたベルトポーチ。

収納したいアイテムの外寸を計算しながらポーチのサイズを決めるというこちらもまさにスペシャルオーダーと呼びにふさわしいベルトポーチです。

最後はこちら

巾着型のベルトポーチ。

こちらは以前、ディアスキンのヌメ革、ナチュラル色で同じ形をお作りさせて頂いたお客様から頂いた二つ目のオーダーとなり、今回はバーガンディー色でとのご依頼を受け、製作させて頂いたポーチです。とても使いやすいと好評いただいたポーチとなります。

このように、一度使ってみるとその便利さがわかるベルトポーチ。

あまりポケットに物を入れたくない方には必須のアイテムですし、腰回りのアクセントにもなるこちらのポーチ。まずは定番品で使いやすさを体感されるのもよいですし、ある程度使用法が固まっている方は唯一無二のスペシャルオーダーに挑戦するのもありかと思います。

何かご不明な点御座いましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせのメールはこちら

新年一発目はベルトポーチのご紹介でした。

下記に定番品のベルトポーチ販売ページへのリンクも貼っておきますのでご興味のある方はぜひこちらもご覧ください。

という事で本日はこの辺で!

Belt Pouch / LBP-002

Beads Work Belt Pouch / BBP-001

新年の始まり

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

2018年の仕事始めとなりました。
お休み中ダラダラとしてしまったので、頭をすっきり切り替えるべく、今年もお世話になる道具たちのメンテナンスから始めました。

インスタでは包丁等の手持ち道具の写真を撮ったのですが、ブログではこちらのミシンの写真を使いました。
商品は基本的に手縫いが多いのですが、製靴でこのミシンを使います。

日本のSEIKO社の製甲用18種ミシン
日本の靴職人には欠かせないこのミシンですが、
世界的に見ると靴作りの現場でこの18種ミシンを使っている国は日本位しかないようです。

縫製スピードや使用ボビンの大きさ等で量産の現場ではポストミシンが支持され、
ミシン製造メーカーからも、18種ミシンの一体型の鋳物構造は技術的にも難しく敬遠されてきたというのが現状らしいです。

しかし、日本の現場では、右手が自由になる、ミシン目が繊細で美しい等の理由から18種が製甲ミシンとして根付きました。
現在、世界でこのミシンを作っているメーカーは日本のSEIKOただ一社だけという、携帯でいうガラケー状態ですが、
やはり、手放せない方も多くいるのはこのミシンもガラケーも一緒ではないかと思います。

まだまだ実力の半分も出してあげていないと思うので、お客様にこのミシンの縫製のものが良いと言われるよう、
今後もいっそう精進して参りたいと思います。

ということで、2018年もよろしくお願いいたします。
今日はこの辺で!

イベントのお知らせ

12月に入り今年もあと1か月を切りました。

12月といえば毎年恒例となっているあーてぃすとマーケットが明後日の12/8から始まります。
考えてみれば今年は一度もイベントに出ておらず、引きこもっての製作が続いておりましたので、久々の対面販売で若干の緊張とそれ以上のやる気がもりもりと沸いているのを感じます。

相変わらず段取りが悪いせいか、品物作りは予定通りとはいかないまでも、ブースを埋めるという最低ラインは確保できそうなので、あとはどう効果的にブースを作るか、その辺を煮詰めていこうと思っています。

イベント詳細は下記になります。
第27回 あ~てぃすとマーケット in 横浜赤レンガ倉庫
2017年12月8日(金) ~ 12月10日(日) 
11:00 ~ 18:00

横浜赤レンガ倉庫1号館2F
神奈川県横浜市中区新港1-1-1

主催:手作り市場あ~てぃすと
後援:NINE’S.C YOKOHAMA
協力:Unjour

お時間があれば是非お越しください。

そんな中、今回のイベントで展示するショルダーバックをご紹介させて頂きます。

当店一押しのアメリカのタンナー、ホーウィン社製作のラティーゴレザーを使用したショルダーバック。
マウンテンマン(白人縄猟師)が使用していたシューター(ハンティング)バックをモチーフに、現代に合うようにアレンジを加え仕立てました。
色はナチュラルとオールドブラックの2色展開で、ナチュラルにはブラス金具、オールドブラックにはニッケルの艶消し金具を合わせています。
バックボディー部に、インレイにてビーズワークを施し、他にない特徴的な雰囲気を醸し出しています。

サイズ的には横300x縦200(mm)と財布、携帯、その他小物が入る大きさになり、必要最低限の容量がある使い勝手の良いバックに仕立ててあります。

こちらのミニシューターバック、目立つ場所にどんと飾る予定ですのでこちらもぜひ会場でご覧ください。




他にもいろいろなバックを製作致しました。
下記はその一部になります。



このようなバックもオーダーメイドで製作可能です。
ご興味のある方はお気軽にご相談ください。

それでは本日はこの辺で。

あめましておめでとうございます

あめましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

ということで、本日から仕事始め。
まずは包丁を研ぎ、メールを確認し、去年準備しておいた仕事から取り掛かろうと思っています。

今年のお正月はダラダラしたり、出掛けたりとなかなか充実した休みを過ごせました。

ちょっと休みボケが抜けきれない感はありますが、やらなければいけない仕事がたまっているのでバリバリと仕事をこなしていこうと思っています。

そんなこんなで、2017年が飛躍の年になるよう頑張って行きます!
本年もBuffalo Tracksを宜しくお願い申し上げます。

新レギュラーアイテムのご紹介

寒さも少し和らいだ感のある本日いかがお過ごしでしょうか。

本日はonline storeに新しく加わりましたレギュラーアイテムのご紹介。

まずは、オールドコインを使用したレザーリング2点を加えました。
こちらはインスタや御取扱店様等でご覧になった方もいるかとは思いますが、アメリカの古銭を革で包み込んだリングになります。
詳しくは下記をご覧ください。
Leather Coin Ring / LCR-001
Leather Coin Ring / LCR-002

そしてビーズワーク品も新作のリングとキーリングを追加しました。
こちらも詳細は下記をご覧ください。
Beads Work Ring / BRG-002
Beads Work Key Ring / BKH-002

また、たいへん申し上げにくいことでございますが、各資材の高騰、使用パーツの変更に伴い、弊社におきましても従来の販売価格ではどうしても採算が合わなくなりました。

つきましては、まことに不本意ながら、下記の商品を2017年1月1日から価格を20~30%値上げさせていただきたく、お願い申し上げます。
Coin Case / LCP-002
Beads Work Bungle / BBG-001
Beads Work Bungle / BBG-002

何とぞ、よろしくお願い申し上げます。

Buffalo Tracks
鈴木 直也

イベントのお知らせ

シルバーウィークいかがお過ごしでしょうか。
このシルバーウィーク期間こちらは良い天候に恵まれ絶好の行楽日和、お出かけされているかも多いのでないでしょうか。

そんな楽しい連休を過ごした後、このイベントが開催されます。

横浜赤レンガ倉庫で行われるミネラルフェスタ!

今回も参加させていただくこととなりました。

ご一緒させていただくショップさんのターコイズやインディアンジュエリーがメインの出店になりますが、
弊社もビーズワーク商品を少し持っていこうと思っております。

連休の疲れが吹っ飛ぶような綺麗な天然石が一堂に会するイベントです。

お時間があればぜひお越しください。

それでは良い連休を!

第10回 ミネラルフェスタ in 横浜赤レンガ倉庫

2015年9月25日(金)~9月27日(日)
10:00~18:00 ※最終日のみ17:00まで

横浜赤レンガ倉庫1号館1F・2F
神奈川県横浜市中区新港1-1-1