バッファローショルダーバック

今日も暑い一日、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日、スーパーへ買い物に行き、そこにぐっと魅かれるネーミングの物を発見。

そのネーミングとは【ただの炭酸水】。

うちのチビに、これただみたいだから持って行って良いみたいよ、とこれ見よがしに言ってみたところ、

満面の笑みで、うまいな~座布団一枚と往年の圓楽師匠バリに返されました。

さすがに座布団は頂けなかったものの、あの返しが出来るちびって本当に小学生なのだろうかと疑ってしまった今日この頃でした。

これはあくまでネタですので、商品は普通の炭酸水という意味でただ(0円)の商品でありませんのでお間違えの無い様に。

 

さて小話はこの辺にして本日はリトルコヨーテ様からのオーダー品、バッファローショルダーバックのご紹介。

バッファロー(アメリカバイソン)レザーのピーナッツ色を使用したぐっと目を引くショルダーバックです。

 

サイズ的には縦260X横300x厚み100(MM)となり、バックの重量は1.1kgと比較的軽目に仕立てました。

少しポストマンバックのような雰囲気ですが、使い勝手も良い様に2室の収納を付けフラップは留め具などを付けずフリーで開閉出来るように致しました。

 

ショルダーベルト連結部には堀江氏製作のメディスンホイールコンチョを使用。

すごく細かな所にも、こだわりのパーツをチョイスして頂きました。

サドルレザーと比べ柔らかいのが特徴のバッファローレザー。

使い込むまでもなく、体に馴染む革で仕立てたショルダーバック。

オーナー様のマストアイテムになってくれることを願いつつ。

ご注文誠に有難う御座いました。

ということで、本日はこの辺で、皆様良い一日を!

20130809b20130809c20130809d

新商品

八月に入りすぐにブログを書こうと思っていたのですが、6日もたってしまいました。

梅雨が逆戻りしたような天気と、猛暑の繰り返しのような今日この頃いかがお過ごしでしょうか。

先日急に本が読みたくなり、本棚をあさり以前読んだ本を取り出してきました。

気持ち的に滅入っていると読書がしたくなるのはなぜなんでしょうか?

しかも、前に読んだ本なのに以前とは違った視点でイメージ出来たりして、それが面白くてすぐに読み終わりそうな勢いです。

おかげで活力も湧いて来た気がするし、俗に言う良い本って、ただ面白いとか悲しいとかだけじゃないのがすごいな~って思ったりしています。

読書といえば秋ですが、夏もお勧めです。

あとは今公開中の映画でも見に行けば、製作もはかどるのではないかと思っています。

と小話はこの辺にして、本日は新商品のご紹介。

昨日online storeの方にUPしましたショルダーバックになります。

機能的なことはonline Storeに記載が御座いますのでそちらをご覧いただければとおもいます。

こちらでは、製作に至った経緯などをお話していきたいと思います。

今回 Wild West seriesとして、アメリカで以前使われていた、仕事用のビンテージバックをモチーフにしたラインを新設し、
その第一弾としてMail Bagをラインナップ致しました。

メールバックは現在でもいろいろなブランドがレプリカとして独自の色を出しながら製作されていますが、オールレザーのメールバックが多い中、僕が製作したのは、フレームの入ったメールバック。

レザーとキャンバスの組み合わせの1970年代のアメリカで集荷用バックと使用された物をモチーフに製作致しました。

そしてこのバックにはPony Express Mail Bagと名称を付けました。

Pony Expressとは1860年にミズーリ州からカリフォルニアまでの郵便速達サービスを行った会社の名称であり、

時まさに西部開拓時代、プレーンズインディアンの国も駆け抜けた会社の名称を付けました。

実際時代が全く違うので、Pony Expressではこの手のバックは使っていなかったのですが、のちの郵便サービスの礎を築いたのは明らかですし、なんといってもWild Westとの相性はばっちりだと思います。

ということで、魅力的なビンテージバックを現代版にアレンジしたWild West series今後もご期待ください!

 

サドルレザー&ディアスキンの2wayバック

昨日は咳が止まらず製作も思うように進みませんでした。

この大事な時に体調管理が出来てないな~なんて思いますが、振り返るとたぶんこの時期いつも体調を崩していて、

いつも体調管理がなってね~なんて言っているような、ないような。

基本、季節の変わり目に体調を崩しやすいという、デリケートな人間なので、どう気を付けてもこの時期具合が悪くなることは仕方のない事なのかもしれません。

いちよう今後の為に、上半身裸で扇風機にあたりながら寝るのは昨晩から辞めています。

これで体調回復してくれれば御の字ですね。

皆様くれぐれもお気を付け下さい。

 

さて小話はこの辺にして本日は新作のバックのご紹介。

御取扱店のプレーンズインディアンジュエリー&クラフトの専門店リトルコヨーテ様からのオーダー品になります。

以前から、サドルレザーとディアスキン、さらにはビーズワークを組み合わせたバックは何個か製作してきましたが、

今回は各部に趣向を凝らし、よりオリジナリティーが出るようなバックを製作してみました。

バッファローとバッファロートラックのスタンプ、ディアスキンとビーズワークと様々なストーリーが連想されるかとは思いますが、

その辺りはお客様にお任せし、僕はただただ最高にかっこいいバックにするべく製作しました。

自身満足いく出来栄えの作品にはなかなか出会えないですが、このバックは久々に達成感のあるバックになりました。

ということで、このバックの詳細等気になった方はリトルコヨーテ様へお問い合わせ下さい。

本日はこの辺で、皆様良い一日を!

20130618a20130618b20130618c